二重まぶたとは

目を開けたときに自然と線ができ、ぱっちりと大きく見える二重まぶた
一重に比べて脂肪が少なく、目を開けるとまぶたが折り重なる状態、または筋肉の作用でまぶた自体が持ち上がるような構造になっている方が、二重まぶたになります。
遺伝で決まる要素が大きく、親が二重まぶたなら子供もそうなることが多いようですね。

ひとことで二重まぶたといってもいくつか種類があり、少し奥まったところにひだができる奥二重や、目頭側から目尻側に向かって徐々に広がるタイプ、目の際と平行にひだができるタイプなど。
総じて、目力ででか目に見えるので顔にメリハリがつき、美人の要素とされることが多いようですね。

二重の方は、アイメイクをすることでさらに目を大きく見せたり流行りのたれ目風にしたりと、色々と変化を愉しむこともできますが、持ち前の二重を活かしてすっぴん風にみせる方法にも挑戦してみませんか?

二重まぶたのすっぴんアイメイク

もともとがぱっちりした二重まぶたの場合は派手顔に見られ、さらにアイライナーマスカラで目元を強調すると化粧が濃いと思われてしまうかもしれません。
すっぴん風にみせる場合には、まつげを上げ過ぎず、マスカラも透明なもので控えめにするのがいいかも。
優しい印象にするには丸みを強調するといいのでまつげは放射状に、少しクールにするには目尻側に流すと雰囲気が出ます。

アイシャドウで二重のひだを塗りつぶすと、しっかりメイクの印象に。
ここが自然な色だとすっぴん感がかなりするかと思います。
アイホールには軽くハイライトを入れると、目元が明るくはっきりとします。

まぶたに負けない存在感を出すアイブロウは大切です。
普段のメイクで眉毛が薄めの方は、アイペンシルを使って眉毛を流れに沿って書き足すようにするといいでしょう。
まっすぐな眉毛はきつめの印象を与えますので、自然なアーチを描くようにすると優しい印象になります。
アイブロウブラシで整えつつ境目をぼかすとより自然です。
ただ、眉毛が短すぎたり眉尻が太すぎたりすると野暮ったくもなるので、全体的にはシャープなラインも意識したいですね。

やはり、二重のまぶたはそれだけで強めの印象を持っています。
顔の中でも目のいきやすい目元や口元は、メイクをすればするほど目立つ部分。
しっかりメイクのときには足し算をするといいのですが、すっぴんメイクにするときには引き算を考えて、アイメイクはおとなしめにするのがいいかと思います。
その分はベースメイクやスキンケアで差をつけたいですね。