奥二重のまぶた

まぶたに隠れてるけどきちんと二重、目を閉じるとちゃんと線のある奥二重。
一重まぶたよりは目がぱっちりと見え、でも二重に比べると上まぶたが重く見えがちで、意外とアイメイクが難しかったりしますよね。

奥二重の方は、もともとは二重なので体調や年齢によってはっきり二重に変化することがあります。
重かったまぶたの脂肪が減るためにそうなるのですが、メイクの仕方によっても奥二重を二重っぽく見せたりかわいく見せたりすることができます。
また、目尻側が大きく見えるので吊り目に見えたりもしますが、それを活かしてクールに仕立てたり、ちょっとたれ目風にして目を大きく見せたりと、応用が利かせられるのもいいところなんですよ。

もともと、目元は一重なのに目尻に向かって二重になるまぶたは、日本人には一番似合うともいわれています。
すっぴん風なのにきれいな奥二重のアイメイク、ぜひ試してみてください。

奥二重のすっぴんアイメイク

アイラインは目をはっきりとさせる効果が高いですが、奥二重の方はその幅に注意です。
太く描きすぎると、せっかくの二重の部分がつぶれてしまって目が小さく見えたりします。
黒目の上部分が一番太くなるようにして、目尻に向かって細く描くと目に丸みが出て大きく見えます。
アイシャドウも同じで、二重の部分は塗り潰さないようにしましょう。

立体感を出すために、まつげは前に向けるといいかと思います。
目尻は二重なので、しっかりとカールさせて上に上げるとすっぴんぽくなくなるかも。
でも、つけまつ毛を目尻側だけにつけて下げて、たれ目に見せてもかわいいかも。
切れ長のクールな目にするなら少し上げ気味にしましょう。

アイホールには明るめのアイシャドウを、少し細長く入れるとスマートな感じになります。
濃い目のアイシャドウは目の際に入れます。二重で隠れてしまう分を考慮して、目を開けたときに少し見えるように調節しましょう。アイライン代わりにもなりますよ。

まっすぐで細い眉毛は、吊り目を強調してきついイメージに。優しい印象にするには、自然な弧を描くようにするといいですね。一筆書きにすると眉毛を描いていると分かってしまいますので、すこしづつ描き足しながら形を確認するとナチュラルになります。仕上げはアイブロウブラシで馴染ませましょう。