一重まぶたの特徴を知ろう

上まぶたがぽってりとしていて、目を開けたときに線が見えないのが一重まぶた
まぶたの脂肪が多いため、折り重ならずに開く構造になっていたり、あるいは筋肉がまぶたを持ち上げてくれないので、垂れ下がったようになって一重になる場合があります。

総じて腫れぼったい感じがして、目が細く見えたり小さく見えたり。まぶたが重たい感じもするので、勝手に暗そうとか眠たそうとか思い込まれてしまうことも。
一重があまり好まれない原因ですよね。
対して二重のまぶたは目がぱっちりとして、黒目も丸く見えます。
目が大きく見えるほうがかわいいとされることが多いので、一重の方が憧れる理由になっていたりしますね。

一重の方は、アイメイクをする際には目を大きく見せようときつめの化粧をする傾向があります。
でも、太すぎるアイラインや長すぎるまつげは、黒目を小さく見せたりパンダ目になってしまったりして逆効果。
そんなことをしなくても、オリエンタルアイとも呼ばれる一重の魅力を活かして、自然でチャーミングにみせるすっぴんアイメイクを試してみませんか。

一重まぶたのすっぴんアイメイク

一重のすっぴんアイメイクの仕方

まぶたが下がっていると、一緒にまつげも下を向いてしまいます。
目をぱっちりと見せるために、ビューラーを使ってまつげを上向きにしてみましょう。
派手にカールをさせるとこれまた不自然なので、白目にかからない程度に上向きに。まつげのすきまをアイペンシルで埋めると効果的です。

アイシャドウで奥行きをつけるのも有効です。
目はもともと顔ではへこんだ部分で、多少の陰影があっても不自然ではない場所。
上まぶたの際に細く影をつけ、境目をぼかすことでナチュラルに仕上がります。
目を開けると隠れてしまわない程度に太さを調節しましょう。

アイプチメザイクを使って二重にする方法もあります。
色を使わないので厚化粧には見えませんが、二重のラインが太すぎると不自然になります。
細めの平行線にするか、目尻に向かって広がるような線を意識するといいかと思います。

影ではなく光を使って目元を明るく見せるのがハイライト
アイホールや目頭、Cゾーンに、肌より少し明るめのアイシャドウを塗って、コントラストで目を大きく見せます。
明るすぎたりラメやパールが光りすぎると化粧っ気が出てきますので、ナチュラルさを大切にした色選びが大切です。

すっぴんメイクに使う色は、もともとの肌にある色が基本です。
ベージュ、ブラウン、ブラック、オレンジ、ピンクなどで、さらに細かくダークブラウンやピンクベージュ、オークルなど、それぞれの肌に合った色を選ぶのが大切です。
また、髪の色や唇の色と合わせた使い方をすると全体的なバランスがとれてより自然になりますよ。